介護脱毛ってご存知ですか?

アンダーヘアのお手入れって、必要なのって思う方も、実は近年、40代以降の方がアンダーヘアの脱毛(VIO脱毛)をご希望されるケースが増えてきています。それは...

その目的は、将来、自分が介護される立場になったときを想定し、その準備として、あらかじめアンダーヘアを脱毛しておくことです。近年、これを『介護脱毛』と呼ぶようになりました。

介護を受けるとなった時に、アンダーヘアが長いと排泄時に不衛生になり、様々な肌トラブルを招く可能性があるので先にアンダーヘアを脱毛して備えておくことです。

『介護脱毛』という言葉を聞くと「介護施設で介護を受ける際に脱毛すること」と思ってしまいますが、実際には介護を受ける前に脱毛を受ける事となります。あくまで介護時に脱毛をするということではありません。

 

『介護』となった時に介護される側のムダ毛トラブルについて

年齢を重ねていくと徐々に免疫力が下がります。些細な事でも肌トラブルの原因となってしまいます。
肌の回復力も低下している為、皮膚のかゆみやただれが起きますと治りにくくなり、長期間不快な状態が続いてしまう可能性があります。

介護時にアンダーヘアが長いままですと、以下のようなトラブルの原因となる可能性があります。
・不衛生な状況が続くと雑菌が繁殖して匂いの原因となります。
・オムツ着用での生活となった場合、排泄物が陰毛にこびりつくこととなり、きれいに拭き取ることは困難となります。
・もちろん着替えのたびに拭き取りますが、何度も強く拭き取ることにより肌が損傷し、皮膚が赤くただれ、痒みや痛みの原因となります。
・状況によってはシラミの発生など不衛生な肌環境を作る原因となります。

このような事態は事前にアンダーヘアを脱毛しておくことで簡単に対応でき、生活の快適度を大きく改善することができます。

自分の意志で自由に動ける50代~60代のうちはまだ先のことのように感じるかもしれませんが、介護を受ける時を想像してみて下さい。ベッドで寝たきりになり、おむつを着用した状態で排泄するとおむつの中は尿や便でいっぱいになります。

介護してもらう必要があるとはいえ、そのような状態を他人に見られるのは抵抗があります。「介護の時に最も見られたくない部位は局部」と考える方も多いかと思います。

介護脱毛をするメリット

・清潔に保てる、感染症予防につながる。
・蒸れにくく、かゆみや臭いの軽減。
・入浴後の水分が残りにくい。
・排せつ介助の手間や負担が小さくなる。
・介護してくれる人に迷惑をかけたくない。

【介護者の声】
デリケートゾーンの脱毛を済まされていると、介護するときの負担はかなり楽になります。お互いにとって、メリットがあると言えます。

アンダーヘアが白髪になる前に。介護脱毛の注意点

介護脱毛について最大の問題は、アンダーヘアが白髪になってしまうと脱毛が難しくなります。
「介護脱毛」という名称から介護施設を利用する直前に脱毛すればOKと考えてしまうと、既にアンダーヘアの多くが白髪となってしまい脱毛できなくなる可能性があります。

その為、実際に介護が必要になるよりもかなり前の30代後半〜40代程度から介護の必要性を考えて、アンダーヘア脱毛の計画をたてる必要があります。

 

白髪になると脱毛できない理由は?

一般的な脱毛では、毛根の黒い部分(メラニン色素)に反応する光やレーザーを照射して脱毛をおこないますので、白髪になってしまうと毛根も白くなっている為、脱毛用の光を照射しても脱毛効果が期待できなくなってしまいます。

介護脱毛はどこまで、脱毛が必要ですか?

介護脱毛でメインとなる部位は、VIOを全て含めたデリケートゾーンです。
デリケートゾーンは清潔に保つ必要がありますが、寝たきりになってしまった場合は自分で清潔に保つことが難しくなります。
病気などを防ぐためにも、介護スタッフなどがデリケートゾーンの清潔ケアを行いますが、毛がない方がケアをしやすいです。
介護でデリケートゾーンのケアが必要になった時に、介護する側の負担を減らすことも目的にします。

お勧めデリケートゾーン脱毛コース

VIO脱毛+美肌トリートメント

お客様の肌や毛の状態をカウンセリングして、ベストな脱毛方法をご提案いたします。 脱毛後の肌のケアとして、美肌トリートメントの施術付きのお得なコースとなっております。

各部位をお試ししたい方は、こちらのクーポンを!